過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故弁護士 無料相談で話したい交通事故の慰謝料

無料相談で話したい交通事故の慰謝料

交通事故弁護士などが行っている無料相談というのは、どこまでが無料であるのかという事を知っておく必要があります。交通事故の慰謝料について相談すれば、すべて相談を聞いてくれるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、的確な慰謝料かどうかを判断するには、交通事故の詳細を細かく丁寧に話す必要があります。

また、無料相談には時間制限が設けられている事もあります。ですので、慰謝料の相談がしたくても、無料相談で行えるのは交通事故の概要について説明する程度、というケースもある様です。

精神的に追い込まれた状態で交通事故の慰謝料を相談したいという事もあると思いますが、まず冷静になって、交通事故の慰謝料相談にて弁護士が行ってくれるサービス内容を確認したいですね。

交通事故慰謝料の自賠責基準と弁護士基準の違い

交通事故に遭った場合には加害者に対して慰謝料を請求することが出来ますが、その交通事故慰謝料の金額には大きく分けて2つの基準が有ります。自賠責基準は保険会社が基準としているもので、自賠責保険の金額を元に決められており、必要最小限の金額にしかならないのが一般的です。しかし、重篤な障害を負ってしまった場合や間接的な損害等は補償されないことが多く、実際には非常に少ない金額となることが多いものです。

交通事故に遭った場合に弁護士に相談するのが良いと言われている理由の一つは、弁護士は交通事故慰謝料に於いては判例などを元にした基準で交渉してくれるため、より実際の損害に見合った金額を請求することが出来るからです。

むちうちになったときは交通事故慰謝料を請求する

交通事故慰謝料を請求するときに、むちうちを治療する費用の一部を支払ってもらうことができます。通院費や入院費などを請求できるため、治療を行うときは相手に費用の一部分を負担してもらうよう交渉する必要があるのです。

慰謝料を請求するときは自分で行わずに、信頼できる弁護士に任せるようにしましょう。無料相談ができる弁護士事務所は全国にたくさんあるため、慰謝料を請求するときは家の近くにある事務所に話を聞いてもらってください。弁護士に依頼することで適切な対応を取ってもらうことができるので、慰謝料を請求するときはプロに頼むことをおすすめします。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

むちうちの交通事故慰謝料増額方法

むちうちの交通事故慰謝料は規定に従って、機械的に決まってしまうことが多いのですが、慰謝料を増額させるためにできることがあります。まず症状がなくても、事故後すぐに病院を受診することが大切です。

むちうちの症状は後から出てくることも少なくなく、事故後時間が経過してから受診した場合、事故との因果関係が認めてもらえないことがあります。次に、入通院を少しでも長くすることです。症状が軽くなったから通院を止めてしまうのではなく、完全に症状が消えるまで通院しましょう。というのは、慰謝料は入通院期間の長さに比例するからです。

むちうちは交通事故慰謝料を請求できるか

交通事故によるむちうちは、後遺障害の一つとして認定されることが多いので、交通事故慰謝料請求の対象となります。慰謝料については、入通院することによって被る精神的な苦痛に対する慰謝料と後遺障害慰謝料の2種類があり、自賠責、任意保険、裁判所によってそれぞれ慰謝料の基準が異なります。

最も高額な慰謝料を請求できる可能性が高いのは裁判所の基準です。ただし、この場合は専門の弁護士をつけて、慰謝料請求の妥当性、正当性を証明しなければなりません。それでも、弁護士に交渉を任せることができる安心感や、手数料を差し引いても手元に入る慰謝料が大きい場合はおすすめです。

むちうちで交通事故慰謝料を請求する

交通事故を受けた場合に、速度が出ている場合には、むちうちになってしまうことがあります。首に大きな負担がかかるので、肩や首筋が長期間痛むことが多く、すぐに治る怪我ではありません。

治療費を保険会社に請求しても、完治するまで治療費を支払ってくれる場合も少なく、後遺症になった場合には事故を起した当事者に請求しなければなりません。当事者への慰謝料請求などは、専門的な法律の知識などがなければ簡単に交渉を行うことができないので、交通事故慰謝料請求などを専門にしている弁護士に相談すると最適な方法を提案してくれるので安心です。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士