過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故相談 交通事故慰謝料や障害を弁護士に相談する

交通事故慰謝料や障害を弁護士に相談する

自分には過失はないのに、交通事故に遭ってしまうことはあります。そのために、怪我を負ってしばらく治療したにも関わらず障害が残ってしまうケースというのはあります。加害者側からの保険証や慰謝料は払われるでしょうが、日本の場合、被害者がなっとくできる金額ではないケースが多いです。

とくに障害が残ってしまうケースはその後の人生にも大きな影響を与えることになってしまうので、もし金額が不服というのであれば、弁護士に相談することが必要です。その場合、相手の要望をの承認してしまう前に弁護士に交通事故相談したほうがいいです。

交通事故慰謝料の交渉で気を付けるべきこと

交通事故慰謝料の交渉で気を付けるべきことは、あまりにも低い金額での合意をするべきではないという点です。合意をしてしまえば、それは一定の拘束力が生じます。その結果、それを覆すことは難しくなります。そのため、初めからきちんとリスクを理解したうえで合意をするべきです。

その点で、交通事故慰謝料の交渉は、きちんと知識を持っており、ノウハウもある弁護士に依頼すべきです。

自分で交通事故慰謝料の交渉をやる場合、相手が保険会社であれば不利な結果に同意してしまう恐れがあります。弁護士であれば、それが妥当か否かの判断ができるので、そのような心配がありません。

むちうちのとき、交通事故慰謝料はどのくらいになるか

車との接触事故を起こすと必ずといっていいほど起こるのがむちうちです。ついつい時間がなくて病院に行くのを疎かにしてしまうことがありますが、それはやめたほうがいいです。多くの慰謝料をもらうためにも、その日のうちに病院にいくことをおすすめします。

慰謝料といっても場合によって値段は大きく異なってきます。保険会社の基準を利用するのが一番手っ取り早いですが、多くの交通事故慰謝料を獲得するためには弁護士を利用しましょう。金額は場合によって異なりますが、保険を利用するよりも2倍以上の金額が期待できます。保険会社のいいなりにならないようにしましょう。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

むちうち症が認定されれば交通事故慰謝料は高くなる

交通事故によるむちうち症は、レントゲン撮影では異常なしと診断されることが多い疾患です。そのため痛みがあるのに、後遺障害等級が非該当になってしまう場合もあります。等級認定が下りないと、認定された場合より損害賠償金の提示金額が低くなり、交通事故慰謝料の総額が100万円以上も違ってくることがあります。

しかし交通事故を得意とする弁護士に依頼すれば、新たに提出書類を作成し直すことで、等級が認定されることがあります。また弁護士事務所によっては、着手金なしで依頼できることもあり、まずは相談してみることが推奨されます。

後遺障害に悩む方は交通事故慰謝料の相談を

交通事故による怪我によって後遺障害がある場合には、慰謝料や損害賠償を受け取ることができます。多くの場合には、加害者の加入している保険会社からその金額が提示されますが、自分の怪我の状態と提示額が釣り合わず納得がいかない場合には交渉を行っていくことが必要となります。

一般的に保険会社からの提示額は最初から高額となるケースは少なく、妥当な金額かどうかも被害者側からわかりにくいために、その場で即断してするよりも法律の専門家による判断をしてもらうほうが良い場合があります。交通事故慰謝料の金額は、交渉によってかなり幅が広がるものです。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士