過払い金請求を知る
image

TOP 過払い請求 用意すべき物と過払い請求

用意すべき物と過払い請求

過払い請求の経緯をご存知でしょうか。
かつて消費者金融は、金利の上限が20パーセントだったにも関わらず、それより高い金利で融資をしていました。これは、29.2パーセントまでならば罰則規定が設けられていなかったためです。

しかし問題視され、払い過ぎた金利を取り戻すために起こったのが「過払い請求」です。

法律関連の事務所に過払い請求の依頼をしにいくのであれば、手ぶらで弁護士事務所を訪れるのではなくて必ず必要になる物があります。最低限必要になる物と言えば、借金について詳しく分かる書類が必要になってきます。

借金をする時、または完済した後などに金融機関からもらった書類などは用意すべきでしょう。忘れ物があると、また別の日に持って行かないといけなくなりますので面倒です。持って行くべきかどうか迷った時は一応持って行くといいでしょう。

他にも自分の身分証明や印鑑などを求められる事もあります。法律関連の事務所に、事前に過払い請求を行う事を伝えておき、打ち合わせの日時や持ち物に関してはきちんと聞いておくといいでしょう。

過払い大阪は過払い金請求について

過払い金や任意整理の和解について

過払い金の訴訟の件数は、年々増加傾向にあるとされ、時には和解のメリットを理解することによって、様々なトラブルを未然に防ぐことが可能となります。

詳しい任意整理の手続きの取り方に関して、大手の法律事務所の公式サイトなどで詳しく紹介が行われることがあるため、空き時間を使いながら、必要な情報をキャッチすることが良いでしょう。

過払い金の有無について知りたいことがある場合には、信頼度の高い法律事務所のスタッフからアドバイスを受けることによって、将来的な不安をきちんと取り除くことができるといわれています。

多重債務者救済のための法改正と過払い請求

2010年以前に借金をしたことがある方は、利息を払い過ぎている可能性があります。借金の利率は法律により上限が定められているのですが、貸金業法が改正される以前には、定められた上限を超えて利息を設定する金融業者が多く存在していました。

しかし複数社からのカードローンなどで返済しきれない借金を抱えてしまった多重債務者の増加にともない、2006年に貸金業法が改正、2010年に完全施行されました。これにより上限を超えて支払った利息は、過払い請求によって返金してもらえるようになったのです。現在、多くの法律事務所では過払い金の無料診断を受け付けています。心当たりのある方は相談してみてはいかがでしょうか。

過払い請求の関連記事

過払い請求についての情報。

過払い金の借金相談をしたい場合について

過払い金の借金相談をおこないたい人は、たくさんいるでしょう。2007年頃に消費者金融などから借り入れをしていた人は、かなりの確率で過払い金が発生しているといわれています。貸金業者に対して請求をおこなうことで、払いすぎたお金が返還される可能性もありますので、諦めずに請求をすることです。

自力でおこなうこともできますが、専門の知識が必要となりますので、借金の問題を得意とする弁護士や司法書士に依頼してみることです。費用の面など不安な部分もあるでしょう。その場合においては試しに無料相談をおこなうことをおすすめします。

借金相談や過払いに困った時は

弁護士や司法書士などの業務として取り扱われている事柄には、無料での借金相談や過払いの請求手続きなどが挙げられます。多重債務や多額の借金を抱えている場合、なかなか自分一人で返済のプランを立てられないことも多く、借金問題にどのような対処を行えば良いか分からなくなってしまうケースも多いものです。

個人的に対処できない時に利用されるのが、弁護士や司法書士などの法律専門家への相談です。無料で受け付けられていることも多いため、費用を気にする事ことなく利用できる他、手続き依頼をした場合でも、面倒な手続きを全て任せられます。

会社への過払い分の借金相談

借金相談をしたいと考えた時には、弁護士や司法書士を利用してみることがおすすめです。 例えば、会社に過払いがある場合、自分で相手に返せということは難しいことです。その際に、法律を武器にして自分の主張が正しいことを証明することが可能になります。だからこそ、専門家に相談することが大切です。

また、依頼するときに借金に関する書類といった必要となる可能性がありものは準備しておきましょう。その書類によって過払い分をスムーズに取り戻すことが可能になる場合もあります。分からないときには自分で悩まずに、専門家に相談するようにしましょう。

過払いが発生した時の借金相談

借金の過払いを自分で見つけることは非常に困難なため、法律の専門家である司法書士や弁護士に依頼することで確実なものにする必要があります。しかし、借金相談をするにしても両者では出来ることに差があります。

司法書士は依頼人の過払い金が140万円以内であれば代理人としての資格を有しますが、それを超えた時点で自分で手続きをするか、もしくは諦めて和解するしかありません。

そのようなことが発生してしまう前に、明らかに140万円を下回る請求以外であれば弁護士に依頼しておくことが安全かつ安心して手続きを進めることが出来ます。

過払い請求、債務整理、任意整理の相談を大阪、京都、神戸でするなら

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士