過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は弁護士基準で算定するべき

交通事故慰謝料は弁護士基準で算定するべき

交通事故で人身事故に遭ってしまい、加害者から損害賠償を受ける立場になったら、交通事故慰謝料の算定を行わなければなりません。交通事故の慰謝料は、交通事故に遭ったことで被った精神的損害に対する賠償金のことです。入院通院、後遺症障害、死亡保障の3つの慰謝料があります。

慰謝料の計算方法には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3通りあり、それぞれ金額が大きく違います。中でも最も高いのは弁護士基準となり、過去の判例を元に慰謝料の金額が決まっています。適用を受けるには、まず交通事故弁護士に相談して示談を行ってもらうことがポイントとなります。

交通事故慰謝料の弁護士基準を知っていますか?

だれもが避けて通りたいと思っているのが交通事故ですが、どうしてもなんらかの被害は出てしまいます。そのような場合においては、しっかりと慰謝料を請求すべき点があげられます。交通事故の慰謝料については、細かい規定や基準が定められていていくつもありますので、さまざまな人の思惑が飛び交います。

被害者の思惑は少しでも、多くの交通事故慰謝料を受け取ることです。交通事故に慣れている専門家にサポートを依頼することで、一番高い基準である弁護士基準での慰謝料を受け取ることができるでしょう。その際には、交通事故を専門としている弁護士に依頼することをおすすめします。

交通事故慰謝料は弁護士基準で決めるべし

いつどこで交通事故にあうか誰にも分かりません。自分に落ち度がなくても、交通事故の被害者になることもあるのです。もし被害者になった場合、相談は相手の保険会社ではなく弁護士がおすすめです。保険会社は利益関係が絡んでくるので、適切な回答を期待できません。

しかし弁護士なら交通事故慰謝料に関しても、弁護士基準を提示してくれます。弁護士でも交通事故弁護士がおすすめです。どれくらいの慰謝料が妥当なのか、わかりにくいことも適切に判断してくれるし、刑事事件の判断ができるのは弁護士だけです。少しでも被害があれば、弁護士に相談しましょう。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

交通事故慰謝料の欠かせない弁護士基準

交通事故慰謝料を請求する時に絶対に外せないと言われているのが、弁護士基準と呼ばれる保険の基準額です。こちらがいったいどういった基準になっているのかというとその名の通り、弁護士が使用する基準値になっているのですが、こちらは今までの案件などを元に出された平均値を元に請求をかけます。

赤本や青本にもよく使われており、この基準額は他の基準額よりも高めに設定されていることの方が多いのです。実はこちらの基準を自分で使用して、交渉のカギにすることができるのですが、プロの保険会社相手ですと、素人では太刀打ちできないことの方が多いです。

交通事故慰謝料は弁護士に依頼しないと弁護士基準にならない

交通事故慰謝料が弁護士基準になる条件として、弁護士に依頼しなければいけません。被害者が、保険会社から提示された慰謝料に、疑問を持たなければ依頼をする必要もなく、ほとんどの被害者は弁護士に相談しようという認知度が低いです。それによって、弁護士に相談する前に示談してしまったりと、被害者には損害しか残らなくなります。

また、弁護士に依頼することによって、慰謝料も弁護士基準となるほか、保険会社と直接交渉しなくていいなど、被害者が受ける精神面の負担も軽減してくれるメリットもあります。相談だけでも気軽に受け付けていたりするので、足を運んでみるのも一つの方法です。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士