過払い金請求を知る
image

TOP 過払い 司法書士で自己破産

司法書士で自己破産

債務者自身が借金をこれ以上返済するのが無理だとなった場合には、司法書士の元へ行って自己破産をする事もあるかと思います。その際に注意したいのが、保証人がいる場合です。

保証人がいる場合には、債務者が自己破産を行ったとしても、保証人の所に取り立てが行く事になりますので、保証人に迷惑がかかる事になります。

ですので、司法書士の所に行って話をする時には、保証人となっている人も一緒に行って、同じく債務整理をしないといけない事になってしまいます。

そのままにしていると、保証人を厳しい取り立てで苦しめてしまう事もあるかと思います。ですので自分が解決できればそれで終わりではありません。

弁護士や司法書士に依頼せずに自己破産をするには

自己破産というと、借金を踏み倒すとか言われ、イメージが悪いですが、自己破産したくて、借金を重ねたわけではないのが通常です。自己破産するためには、裁判所に申し立てをしなければなりませんが、弁護士や司法書士を頼む費用がない場合もあります。

毎日、借金の督促が来て、一日も早く破産者となり苦しい現実から逃れたいと思っている人もいるはずです。しかし費用が工面できなければ、最後手段として、プロセスは難しいですが、本人がすることもできます。司法書士や弁護士に依頼しなくても、裁判所からの免責決定がおりれば、借金を返さなくてもよくなります。

ただし本人の手間や時間をかけることになり、もちろん知識も必要となってきます。不安であれば弁護士や司法書士が行っている無料相談を活用してみましょう。

借金相談には弁護士か司法書士か

借金の相談には、司法書士と弁護士のどちらに相談しようか悩む場合があると思います。過払い金返還請求、任意整理ともに、どちらも代理権や交渉権があります。しかし司法書士の場合、対応できる金額の制限があり、借金額が140万円以下のケースに限ります。

また個人再生や、自己破産の時の代理人にもなれず、書類作成のみ請け負うことができます。よって、金額が多い時は弁護士に依頼した方が良いです。では借金相談には弁護士に相談すれば良いかというと、利用料金が高い場合が多いので、借金額が少なく、140万以下なら利用しない方が良い場合もあります。

司法書士の関連記事

様々な相談を受け付けている司法書士についての情報。

訴訟にも対応する司法書士の借金相談

借金相談には、支払いが困難、返済で生活が困窮しているなど、借金の悩みを抱えた人が利用しています。直接面談しておこなう相談もあれば、電話やメールでも対応している窓口があります。今後の借金について、相談者の話を聞いた上で適切な対応策をアドバイスし、依頼を受けると最後までサポートしてくれるものです。

対応しているのは、借金問題を得意としている弁護士や、司法書士です。対応する上で債権者との訴訟にも対応できるように、認定された司法書士が対応しています。特に過払い金請求では、訴訟まで起こさなければ難しい場合があるからです。

借金相談は司法書士にしてください

多額の借金で、首が回らなくなった人は、司法書士に借金相談をしてください。相談をすると、借金を全て整理してくれて、返済プランをしっかりと立ててもらうことが出来ます。いろいろな金融機関から借りている人は、機関を一つに絞る事で、返済のプランが立てやすくなったり、過払い金で借金が無くなったりすることがあります。

一人で悩んでいると、なかなか気づくのは難しいですが、借金問題のプロであれば、そういった点に気づくことが出来ますので、借金で辛い思いをしている方は、借金相談をしてどうしたらよいのか、アドバイスをもらうようにしてください。

司法書士も通じて利用したい借金相談

多重債務や多額債務に悩む方が借金相談を考えている場合、弁護士や司法書士などの法律専門家の存在が幅広く役立てられています。返済に関する問題対策を行うだけでなく、債務整理などの手続き業務が発生した場合にも、親身に対応してもらえます。

個人的に手続きを進める事が可能なものも多くあるものの、借入先である金融会社や裁判所などへの直接的な掛け合いが含まれる他、平日の日中の時間を空けなければならないなど、困難な状況も非常に多く見受けられます。よりスムーズに問題を解決させるためにも、相談窓口やサービスなどを上手く使いたいものです。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士