過払い金請求を知る
image

TOP 知りたい浮気離婚をしない際の慰謝料

知りたい浮気離婚をしない際の慰謝料

浮気が発覚しても常に浮気離婚を希望する人ばかりではありません。浮気離婚は子供や家族への影響もあります。ですので、浮気離婚を回避したいけれど、慰謝料は受け取りながら結婚生活を続ける事もできます。

慰謝料を受け取る事ができるのは、浮気離婚をする場合だけでなく、浮気離婚をしない場合についても受け取りが可能です。結婚生活を継続する場合の慰謝料は、離婚をする際の慰謝料より金額が低い事が多いでしょう。

しかし、浮気をストップしないで、何度も行った場合などには、慰謝料が増える事もあります。最初は結婚生活を続ける事を選択していたけれど、浮気がひどく結局離婚をするという事もあるかと思います。

浮気離婚の際には慰謝料を請求

配偶者による浮気離婚に至るというケースは、最近では少なくありません。離婚を決めたものの、家庭裁判所で離婚調停を行うことと、双方の話し合いによる協議離婚と、どちらを行うか悩む方もいらっしゃると思います。

家庭裁判所の調停は時間もかかり、必要に応じて弁護士を依頼するなど費用もかかるため、一刻も早く離婚をしたい場合は協議離婚を選ぶケースも多いようです。たとえ急いでいる場合でも、配偶者による浮気の場合、配偶者や相手へ慰謝料は請求を行い、公正証書を作成することをおすすめします。慰謝料を請求することで、自分に非がない証明にもなるのです。

浮気離婚による高額な慰謝料

浮気が発覚し離婚に至る夫婦は年々増加しています。 じっさい、浮気をする側はちょっとした刺激を求めた軽い気持ちで行うケースが多いですが、裏切られたされた側にとっては大きな心の傷となり、精神的なダメージはもちろん、体調不良になってしまい、仕事も続けられないといった深刻なケースもあります。

そのため、浮気離婚による慰謝料の金額は高額になることがおおく、浮気した側とその相手に請求されることになります。 請求額に不服があれば裁判となりますが、長期にわたって争うことや、浮気の事実、証拠など全てさらけ出されることになり、高額な弁護費用が必要になったり、賢い選択とはなりません。

浮気離婚での慰謝料の相場

浮気離婚では、慰謝料を請求することができます。慰謝料の相場は100万円~500万円ですが、相手の年収や社会的地位、浮気の回数などによって変わります。示談がまとまったら示談書を作成しますが、なるべく専門家に依頼をして公正証書を作成しておきましょう。

慰謝料や養育費は後で払わなくなるケースが多いです。口約束だけですましていると、後で請求するときに問題が起こります。相手が無職であったり、ギャンブルで借金を作っていても、請求することができます。離婚弁護士に相談をして、納得のいく解決を目指しましょう。相談だけなら無料で受けてくれるケースも増えています。

離婚の相談は?

相談をするのにはコツがあるって知ってますか?それは、正しい専門家を選んで、正しい対応方法を教えてもらうことです。

つまり、正しい専門家を見つけることができれば、相談もスムーズにいくという事です。

▼正しい専門家って?

より良い専門家って何でしょうか?それは実績です。

実績の数が多ければ多いほど、いろいろな相談を受けているので、難しい質問でもいい案を返してくれる可能性が高まります。

関連記事

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士