過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故

交通事故

交通事故で怪我をした時は病院で治療してもらいます。

しかし、その治療費が自由診療の扱いになる場合があり、健康保険が使えないことがあります。
健康保険と自由診療を比べると自由診療の方が治療費が高くなります。

仕事の通勤途中や勤務中の交通事故の場合は労災保険が優先的に適用されるので、健康保険が適用されません。

交通事故の治療費は損害賠償責任者が払うので自由診療でも問題ないと思われるかもしれませんが、被害者に少しでも過失があった場合や、加害者が自動車保険に加入してなければ被害者に治療費の負担がかかることがあります。

被害者が死亡した場合の交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料は、被害者が支払いを求めることができる金銭です。

性質は、精神的な苦痛に対しての金銭的な支払いです。そのため、損害賠償とは別に請求可能です。ただし、被害者が死亡した場合は、それが被害者の遺族に相続されます。それに加えて、被害者が死亡した場合のみ、遺族も遺族固有の慰謝料を請求することができます。いずれも、民法の不法行為の条文に書かれています。

交通事故慰謝料の算定は難しいものであるため、確実に相手に支払ってもらうためには法律の知識や裁判実務を知っておく必要があります。そのため、請求する際には交通事故弁護士を活用するのが適切です。

交通事故慰謝料が請求できる期間とは?

交通事故慰謝料を請求できる期間は、民法724条で「被害者が損害及び加害者を知った時を起算点として、3年間行使しない時は時効により消滅する」と規定されています。

これは通常の交通事故の被害に遭った場合で、ひき逃げなどで加害者が特定できない場合は、20年と消滅時効の期間が大幅に伸びるのです。

例えばひき逃げに遭い15年後に加害者が特定できた時には、その特定できた日から3年間の時効が改めてスタートするのです。

また時効の起算日も被害の程度によって変わります。物損事故や人身事故で怪我をした場合は、交通事故慰謝料請求権は交通事故の日から3年となります。しかし人身事故で死亡した場合は、交通事故の日からではなく、死亡した日から3年となります。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

交通事故慰謝料と後遺障害

交通事故慰謝料は、交通事故の被害者が、保険会社から受け取れる賠償金です。交通事故で負った怪我や精神的苦痛に足して支払われます。事故の受傷により、完治できず残ってしまった機能障害、神経症状のことを後遺障害と言います。

どちらにしても、相場を知っておくことで、妥当な賠償金かどうかの見極めが出来ます。その金額の内訳は項目によって分かれています。治療費、通院交通費、また入院費、治療の間仕事を休まざるを得なかった場合は休業損害、そして後遺障害と認められた場合、これに逸失利益といった項目等が加わります。ただし、例えば通院交通費でタクシーを過剰に利用するのは避けるべきでしょう。

後遺障害と交通事故慰謝料の請求

後遺障害は症状固定後も残る症状のことです。症状固定は治療を行ってもそれ以上の回復が見込めなくなった状態を意味します。交通事故により後遺症を患い損害賠償請求する場合には、障害の等級に応じて交通事故慰謝料と逸失利益を請求することができます。

障害等級認定を受けるには相手方の保険会社を通して認定請求する方法と、被害者自身が認定請求する方法があります。保険会社は認定請求をする際に意見書を付けるため結果に影響を及ぼすことがありますが、被害者自身が認定請求を行えば保険会社の影響を受けずに済みます。認定請求を行う際には交通事故に詳しい弁護士に手続きを依頼するのが合理的です。

交通事故相談の事例を見て相談へ

中には法律家に相談すべきかどうかという事で迷っている人もいるかと思います。交通事故相談の事例を見ると、相談するかどうか考える際に役立つ事もあります。

交通事故相談の事例を見て相談したいと思う人もいるのではないでしょうか。

交通事故相談の事例を見ると、法律家が力を尽くす事で、結果が良くなったケースがほとんどだと思います。最終的には、交通事故相談の事例の様に、満足できる形で解決する事ができればいいでしょう。

交通事故相談の事例においては、難しいケースが無事に解決へと至ったケースが紹介されている事もあります。私達には難しくても法律家だからこそできる事というのもあるでしょう。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士