過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料に含む休業損害

交通事故慰謝料に含む休業損害

法的に交通事故で払われる慰謝料とは何かといえば、精神的苦痛に対して支払われる費用だと言われています。

しかし、交通事故において払われる慰謝料は他にもいろんな費用を含みます。

交通事故慰謝料の中には、交通事故の怪我により働けなくなった場合、その間仮に仕事をしているとした時の給与も休業損害として払われます。

家計を支える人が交通事故に遭った場合には、休業損害は家族が生活するために必要なものでしょう。また、交通事故で怪我をしたら通院が必要ですが、病院までの交通費も慰謝料に含まれます。

慰謝料には他にも治療費用はもちろんですが、入院した際に必要な費用なども含まれています。内訳も把握しておきましょう。

交通事故慰謝料は先払いしてもらえるの?

交通事故慰謝料は先払いしてもらうことも可能ですが、デメリットがある場合もあるので、交通事故に強い弁護士に相談をしておくことがおすすめです。

交通事故慰謝料は、争うことで増額される可能性が高いお金です。しかし、先払いをしてもらうためには、示談をして和解をしなければなりません。一度和解をしてしまうと、後から増額をしてもらうように交渉をすることは難しくなります。お金がない場合には、できるだけ早めに交通事故弁護士に相談をしておくことが、ポイントになります。

急いで交通事故慰謝料を回収しようとすると、不利な交渉になってしまうこともあります。

むちうちの交通事故慰謝料増額は弁護士に相談するのが良い理由

むちうちの交通事故慰謝料を出来るだけ増額して支払いを受けるためには、交通事故分野を得意とする弁護士に示談交渉を依頼することが最も良い方法です。特に後遺障害が認定されるかどうかが増額の決め手になることが多いので、弁護士の適切なアドバイスを受けながら後遺障害診断書を作成するようにしましょう。

加えて診断書作成後の等級認定請求をする際にも、弁護士が正当な等級での認定をサポートしてくれます。更に加害者に対して治療費や通院費、交通費などもしっかりと賠償請求してくれるので、最終的なむちうちを完治させるための最大限の費用の支払請求をすることができます。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

むちうちの怪我に対する交通事故慰謝料と適用する保険

業務を遂行しているときに、交通事故に遭いむちうち症などの怪我を負ってしまったときには、労災保険と、自賠責保険を適用させることができます。しかし、自賠責保険の方は、過失割合によって支給される保険金が減らされてしまう仕組みになっています。

労災保険は、過失割合で減らされるような仕組みが存在しないため、過失割合が高いケースや、過失割合について協議が難航しているケースでは、労災保険を優先して適用するのが良い方法の1つとなります。交通事故慰謝料の金額は、加害者と被害者の示談交渉の結果で決まりますが、どの保険を適用しても金額に影響を受けません。

むちうちの交通事故慰謝料は示談交渉で金額が決まる

仕事中に交通事故に遭ってむちうち症などの怪我を負ったときには、労災保険と、自賠責保険の2種類の保険の内、どちらを先に適用させるべきかについて悩みますが、法律上はどちらかの保険を優先して適用しなくてはならないと呼ばれる定めは特にありません。

政府内では、交通事故が原因の怪我を負ったときは自賠責保険の方が労災保険より優先して適用することを勧めていますが、必ず従わなければならないという訳ではありません。加害者に対しては、交通事故慰謝料を含めた損害賠償金を請求する権利が発生しますが、示談交渉によって金額が決められることがほとんどになります。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士