過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は保険で

交通事故慰謝料は保険で

車を運転している人であれば、交通事故の際の保険について詳しい人もいるのではないか、と思います。

交通事故に備えて車を運転する際には、自賠責保険に加入していない場合には、公道を走る事ができません。これは法律で決め得られています。

また、その他にも自主的にいろんな保険に加入している人が多いでしょう。保険の加入は事故の時にあなたを助けてくれる事もあり、交通事故慰謝料に関わる事もあります。

保険に加入していない場合には自分ですべて負担する事になります。慰謝料というのはとてつもない、費用になってしまう事もあります。また、最近では車だけではなくて、自転車の保険というのもある様ですね。

むちうちの交通事故慰謝料は弁護士などの専門家に相談しましょう

むちうちの交通事故慰謝料は、症状の度合いや精神的苦痛の程度によって金額が異なってきます。また、交通事故慰謝料の算出基準には、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準があります。

自賠責保険では、120万円が慰謝料と賠償額を合わせた限度額となり、これ以上の場合は任意保険を使い支払う事になります。任意保険では、保険会社が算出する任意保険基準での金額になるため、裁判所基準で計算した時より総額が低くなる事が多くなります。

裁判所基準で総額を計算した方が総額は高くなりますが、個人で裁判所基準での請求の理由の説明は難しい事です。このような場合は、交通事故弁護士などのような専門家に相談する事が良い方法と言えます。

交通事故慰謝料の算出は裁判所基準で

運悪く交通事故の被害者となってしまうと、加害者に対して損害賠償の請求を行うことになります。その際、交通事故慰謝料の算出については加害者が加入している保険会社が行い、被害者に提示しますが、この提示される金額をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

保険会社は交通事故慰謝料を算出する際に、最低限の補償である『自賠責保険の基準』あるいはそれに多少上乗せした程度の『任意保険基準』の計算方法を使用しているのです。

これに対し、『裁判所基準』の計算方法があります。これは弁護士が裁判などで使用する計算方法であり、自賠責保険基準と比べて2倍以上の金額が算出されます。つまり交通事故慰謝料を算出する際に、裁判所基準の計算方法を採用すると、慰謝料の額が大きくなり、被害者にとって有利な条件での示談が可能となるのです。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

むちうちの交通事故慰謝料請求は可能か

交通事故によるむちうちは、後遺障害の一つです。軽度ではありますが、痛みが残っているなら後遺障害として交通事故慰謝料を請求することが可能になります。慰謝料の額は、最も軽度な14級でも110万円程度、1つ上の12級が認定されると290万円程度が支給されます。

ただ、この額は弁護士を通して得ることができる額です。保険会社任せにすると額は低くなることがほとんどです。被害を被ったのだから、遠路なく交渉を進めていくべきなのですが、やはり交渉能力に長けているのが専門の弁護士です。まずは交通事故慰謝料の請求が可能かどうかを相談してみると良いでしょう。

後遺障害による交通事故慰謝料のむちうちのケース

むちうちの後遺障害による交通事故慰謝料を請求するためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。まず、交通事故後からずっと継続して病院へ通院していることが必要です。病院に通院していることが、後遺障害が残っている証明になります。

また、症状に連続性、あるいは一貫性があることが必要です。良くなったり、悪くなったりを繰り返すような場合は難しくなる可能性があります。最後に症状がそれなりに重篤で、常時性があることです。このような条件が認められる場合、後遺障害による交通事故慰謝料を請求できる可能性が高くなります。

むちうちの後遺障害で交通事故慰謝料をもらえる場合

むちうちで後遺障害が残ってしまっても、程度が軽いと判断されると後遺障害への交通事故慰謝料が請求できないことがあります。後遺障害の等級認定を受けるためには、交通事故の当初から病院へ継続して通院している、事故当初からの症状が連続性、一貫性を持っている、症状がそれなりに重篤で常時性が認められる、といった要件が必要です。

認定されるためには、整骨院や接骨院ではなく整形外科を受診することがポイントです。整形外科だとレントゲンで画像診断してもらえますし、治療行為も受けられます。必要であれば、後遺障害診断書も書いてもらえます。

交通事故慰謝料

交通事故の際には必ず、残念なことになんらかの被害が出てしまいます。そうした際に正当な交通事故慰謝料を受け取れる人は、もしかしたら少ないかも知れません。それは、交通事故の慰謝料に基準があることを知らないからです。

交通事故のことに関して知っているような人であれば、知っているかも知れませんが、多くの人がこのことを知りませんので、損してしまうような傾向にあります。このことを改善するためには、やはり専門のプロである交通事故弁護士に、対応をしてもらうのが一番でしょう。むちうちなどの症状においても、慰謝料が変わってきますのでしっかりと対応をしてもらいましょう。

交通事故慰謝料は計算ができる

交通事故で発生している慰謝料は、近年計算できるシステムがネット上に存在しています。ネットを活用すると、発生している体への問題だったり、車の破損状況、更には過失割合がわかれば計算に入れて、大体の数字を導き出せるのです。

ネットの計算は、弁護士が提示している金額よりも参考にはなりませんが、目安として考えていくのは可能です。交通事故慰謝料を計算したいと思っている場合は、むちうちを入れるようにしてください。むちうちは最も起こりやすい症状となりますが、計算に入れていないと減額していることと同じで、後から金額にずれが起きます。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士