過払い金請求を知る
image

TOP 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は期間によっても違いが出る

交通事故慰謝料は期間によっても違いが出る

交通事故の慰謝料の基準には3つの基準があります。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責保険基準は最低限の金額で、いろいろなものが含まれていません。それに対して不満な被害者は、任意保険いわゆる一般の自動車保険の基準に従うのですが、各会社とも非公表のために、いくらが妥当なのかわかりません。

そこで、ある程度、納得できる金額の慰謝料となると、弁護士基準といって、交通事故弁護士に相談し示談交渉してもらうか、裁判ということになります。入院期間や治療期間によっても慰謝料が違ってきますが、その場合には判例などもあり、ある程度妥当な相場の金額になります。

交通事故慰謝料は後遺障害等級できまる

予期せぬ交通事故というものはあるものですが、ケガまで負ってしまうのは本当にショックなことです。

交通事故に遭ったときは速やかに警察に連絡をして事故証明をしてもらいます。その後怪我をしているときには医師のいる病院にいってレントゲンを撮り治療をすることになります。

しっかりと治療をして治ればいいのですが、後遺症が残るときがあります。その場合医師に症状固定をしてもらうことにより、後遺障害等級が決まっていきます。この等級によって保険会社からの交通事故慰謝料の額がきまっていきます。

医師の診察や整形外科など正規の病院で治療をしたことが交通事故慰謝料をもらえる条件になっています。

交通事故慰謝料と骨折の治療について

交通事故慰謝料の金額の相場については、それぞれの怪我の程度に影響を受けることがありますが、特に骨折の治療を始めるにあたり、専門性の対スタッフからアドバイスをもらうことが欠かせません。

最近では、交通事故慰謝料のシミュレーションの仕方について興味を持っている人が増えてきており、少しでも知りたいことがあれば、早期に大手の法律事務所にサポートを依頼することがおすすめです。

また、交通事故慰謝料の支払いを行う時期に関しては、それぞれの保険会社の基準によって、大きなバラつきが出ることが特徴として挙げられます。

交通事故慰謝料弁護士基準、交通事故相談についての関連記事

交通事故慰謝料などに関する相談について。

むちうちで交通事故慰謝料を支払う側か?受け取る側か?

交通事故というのは、自分が気をつけていても巻き込まれてしまう事があります。その中で多いのが追突事故です。軽く追突されただけなら、両者とも怪我がなく話し合いで解決し、その話し合いも保険会社を介してという事が多いのではないでしょうか。

しかし、軽く追突されただけでも、その衝撃でむちうちになってしまう人も多く、仕事に支障をきたす可能性も大です。そうなると交通事故慰謝料を請求できるわけですが、それも保険会社から支払われる事が多いようです。なかには保険未加入のドライバーもいますが、そうなると弁護士を雇うなど面倒になってしまいます。自分が加害者になる可能性もあるので、ドライバーは保険加入が必須といえます。

交通事故慰謝料を得るならむちうちの診断をしっかりと

むちうちは事故直後にはあまり症状が出ないことがあります。交通事故の直後というものは、興奮していたりあせっていたり、普段の穏やかな状況と違うため、小さな身体の異常に気づきにくいものです。はっきりとした症状がないからといって、示談交渉をしてしまうのは大きな損をする可能性があります。

まずは病院に行きしっかりとした診断をしてもらうことが大切です。後遺障害認定されれば、交通事故による損害賠償請求額は跳ね上がります。事故により身体に障害をもって生活することになって苦しいのは自分です。相手にはしっかり交通事故慰謝料を請求するべきです。そのための準備はしっかりしておきましょう。

メニュー

過払い金請求を知るHOME 過払い大阪 過払い請求 過払い 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 むちうち慰謝料相場 顧問弁護士 弁護士